〔臨時講習〕移動式クレーン運転士安全衛生教育のご案内(1/23)

臨時講習の「移動式クレーン運転士安全衛生教育」が開催されます。

事業者は、最近の技術の進展、法令の改正等に対応して、移動式クレーン運転の業務における安全衛生水準の向上を図るため、労働安全衛生法第60条の2により、移動式クレーンの運転業務に従事している運転士(免許者)に対して、指針に基づいた安全衛生教育を実施するよう努めなければならないとされています。

当近畿支部では指針に基づき、標記教育を下記のとおり実施いたしますので、是非受講されますようご案内申し上げます。

なお 受講対象者は移動式クレーン運転士免許者又は小型移動式クレーン運転技能講習修了者で資格取得後5年以上経過または本安全衛生教育受講後5年以上経過している方です。

日 程 : 1/23(日)

定 員 : 50人

緊急事態宣言解除後の業務運営について

令和3年10月1日

受講される皆様へ

 

(一社)日本クレーン協会近畿支部

八尾クレーン教習所  

 

 日頃から日本クレーン協会近畿支部・八尾クレーン教習所の業務運営につきまして、ご理解・ご協力をいただきまして誠にありがとうございます。

 緊急事態宣言が解除されましたが、当協会近畿支部では下記の新型コロナウイルス感染予防対策を継続して教習・講習を実施いたします。

 当該教習・講習は、労働災害防止を目的として実施しているもので、就業上必要な資格を付与するための講習であり、これらの受講機会を提供することは、当協会の会的使命であると考えておりますので、年間計画どおり実施しております。

 

新型コロナウイルス感染防止対策の実施事項

 

教習所の実施事項

  1. 講習開始前に受講生への検温実施
  2. 受講生1名に机1卓を確保(密防止)
  3. アルコール消毒液の設置
  4. 教室の教壇にアクリル板を設置して講師の飛沫防止
  5. 教室は常時換気の実施
  6. 光触媒技術による空気清浄機(コロナ菌を死滅)「令和3年9月28日導入」
  7. 教室は次亜塩素酸水による超音波式噴射器の除菌
  8. 教室の清掃及び机をアルコール洗浄
  9. 職員及び指導員のマスク着用

 

「当該教習所における感染防止対策の見える化」はこちらから

 

受講生へのお願い事項

  1. 必ずマスクを着用してください。
  2. 手指の消毒に努めてください。
  3. 咳エチケットを守ってください。
  4. 発熱等の風邪のような症状がみられるときは、無理をせずに受講の延期を検討してください。
    なお、受講延期をご希望の場合には、早期に受講日のご連絡をお願いします。
  5. 受講前の検温で【37.5度以上の発熱】が確認されますと、当日の受講をお断りしております。

 

感染予防にご理解、ご協力をお願い申し上げます。

学科講習

〔臨時講習〕ワイヤロープ安全点検基準講習のご案内(12/17)

臨時講習の「ワイヤロープ安全点検基準講習」が開催されます。

不適切なワイヤロープの使用に伴う労働災害を防止するには、ワイヤロープの種類、特性、損傷と対策、点検と廃棄基準、取扱いと保守の知識を習得し、ワイヤロープの適正な管理を行なうことが欠かせません。

日本クレーン協会規格「クレーン等に使用されるワイヤロープの保守、点検及び廃棄基準1986」を平成25年4月に改正しました。

同規格を記載した「クレーン用ワイヤロープの取扱いの手引」を使用しています。

標記講習会を下記のとおり開催いたしますので、是非受講されますようご案内申し上げます。

日 程 : 12/17(金)

定 員 : 50人