お知らせ

令和2年度全国安全週間 大阪労働局長メッセージについて

令和2年6月12日

(一社)日本クレーン協会近畿支部

      支部長 菅 英明様

大阪労働局労働基準部

安全課長 堀 幸男

 

「令和2年度 全国安全週間 大阪労働局長メッセージ」の

大阪労働局 YouTube チャンネルにおける動画配信について

 

 平素は労働安全行政の推進に格段のご理解、ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

 さて、厚生労働省では、例年とおり令和2年7月1日から同年7月7日までの1週間について、「全国安全週間」を実施します。

 全国安全週間は、昭和3年に初めて実施されて以来、「人命尊重」という基本理念の下、「産業界での自主的な労働災害防止活動を推進し、広く一般の安全意識の高揚と安全活動の定着を図ること」を目的に、一度も中断することなく続けられ、今年で93回目を迎えます。

 労働災害は、長期的には減少傾向となっていますが、60歳以上の労働者が占める割合は増加傾向にあります。

 このような状況から、今年の全国安全週間のスローガンである

「エイジフレンドリー職場へ! みんなで改善 リスクの低減」

 のもと、高齢者はもとより全世代の労働者にとって働きやすい職場環境を整備してゆくことが重要です。

 

 大阪労働局(局長 井上 真)及び大阪府内の労働基準監督署では、毎年、全国安全週間の期間中に、安全パトロール等を通じ広く啓発活動を行っています。

 しかしながら、新型コロナウイルス感染症の影響により、不要不急の外出自粛や【密閉・密集・密接】を回避する行動様式が推奨される中、従来型の周知啓発活動が困難な状況です。

 このような状況を踏まえ大阪労働局では、大阪労働局 YouTube チャンネルを通じて、大阪労働局長メッセージを動画配信しましたので、関係者の皆様方へ広くご周知いただきますようお願いいたします。

 

配信方法

 大阪労働局 YouTube チャンネル

  https://www.youtube.com/user/osakaroudoukyoku

大阪労働局 YouTube チャンネル